有酸素と無酸素運動

Pocket

どうすれば、基礎代謝を上げることができるのでしょうか。結論を言いますと、筋肉を鍛える筋力トレーニング・フィットネスが、基礎代謝を上げるのに大変効果的です。

フィットネスには、有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。ダイエットを効率よく進めるためには、この2種類のフィットネスの違いをよく理解しておくことが大切です。

有酸素運動無酸素運動とは瞬時に強い負荷がかかる運動のことをいい、筋力トレーニングや、短い距離のダッシュなどがこれに当たります。この無酸素運動をすることで、基礎代謝を高める効果があるといわれています。有酸素運動とは継続して弱い負荷がかかり続ける運動のことをいいます。ジョギング、水泳、ウォーキング、エアロバイクなどが有酸素運動の代表格で、その効果は脂肪の燃焼です

つまり、筋力トレーニングなどの無酸素運動で基礎代謝を増強し、ジョギングなどの無酸素運動で脂肪を燃焼させることができれば、最も効果的なダイエットになるのです。無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うようにしましょう。特に、筋力トレーニングの後にジョギングやエアロバイクなどの有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果は倍増します。運動の前には炭水化物を摂取しましょう。

『参考サイト』MEGALOS:フィットネスクラブ