フィットネスクラブ

Pocket

無酸素運動の筋力トレーニングを30分行うと約200カロリーが消費されます。次に有酸素運動のジョギングを30分行うと、200カロリーが消費されます。合計で400カロリーです。これらのフィットネスを週に3回行うと、1200カロリーになります。

ダイエットに成功そして、毎日の食事を見直し、400カロリー(おむすび2個分に相当)を減らしたとすると、400カロリー×7日で2800カロリーとなります。1週間で合計4000カロリーの消費となり、これは500グラムの体脂肪の削減に相当します。つまり1か月で2キログラムものダイエットに成功する結果となります。

フィットネス週3回なら、無理なく続けることができるペースでしょう。できれば、1人で頑張るよりも、自宅や勤務先の近くの便利な場所にあるフィットネスクラブに通うことをおすすめします。

フィットネスクラブならば、無酸素運動も有酸素運動も豊富なラインナップで飽きることなく続けることができますし、最近ではダイエットのプロであるトレーナーのアドバイスを提供するフィットネスクラブも増えてきています。ぜひフィットネスクラブに通いダイエットを成功させ、太りにくい理想的な肉体を手に入れてください。

有酸素と無酸素運動

Pocket

どうすれば、基礎代謝を上げることができるのでしょうか。結論を言いますと、筋肉を鍛える筋力トレーニング・フィットネスが、基礎代謝を上げるのに大変効果的です。

フィットネスには、有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。ダイエットを効率よく進めるためには、この2種類のフィットネスの違いをよく理解しておくことが大切です。

有酸素運動無酸素運動とは瞬時に強い負荷がかかる運動のことをいい、筋力トレーニングや、短い距離のダッシュなどがこれに当たります。この無酸素運動をすることで、基礎代謝を高める効果があるといわれています。有酸素運動とは継続して弱い負荷がかかり続ける運動のことをいいます。ジョギング、水泳、ウォーキング、エアロバイクなどが有酸素運動の代表格で、その効果は脂肪の燃焼です

つまり、筋力トレーニングなどの無酸素運動で基礎代謝を増強し、ジョギングなどの無酸素運動で脂肪を燃焼させることができれば、最も効果的なダイエットになるのです。無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うようにしましょう。特に、筋力トレーニングの後にジョギングやエアロバイクなどの有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果は倍増します。運動の前には炭水化物を摂取しましょう。

『参考サイト』MEGALOS:フィットネスクラブ

基礎代謝の重要性

Pocket

ダイエットの最大の敵はリバウンドです。ダイエットにチャレンジする人々の実に60%がリバウンドを経験すると言われています。その原因は、多くの方々が朝食や昼食を抜いたりして、食べることを我慢することでダイエットを行おうとするからなのです。

リバウンド極端に摂取するカロリーを制限することはリバウンドの原因となります。なぜならば、摂取するカロリーの不足は筋肉量の減少を引き起こします。そして、筋肉量の減少は基礎代謝の低下を招くのです。

基礎代謝とは、簡単に言うと「何もせずじっとしているだけでも常に消費され続けるエネルギー」のことです。別の言い方をすると、基礎代謝が高い人は、脂肪の燃焼率が高いのです。基礎代謝が低い人は、脂肪を燃焼させる力が弱いのです。

食べる量はそんなに多くないのに太りやすい人は、基礎代謝が低いことが原因である可能性があるのです。摂取カロリーを制限する方法でダイエットしようとし、基礎代謝が低下すると、食べる量が少ないにもかかわらず、余剰カロリーが増加し脂肪として蓄積され太りやすくなったり、リバウンドしたりすることになるのです。

つまり、太ることを防ぐには、基礎代謝を上げればいいということになります

効果的なダイエット

Pocket

ダイエット痩せたいと願っている方はたくさんいらっしゃると思います。美しくなりたい、健康を保ちたいなどその理由は様々でしょうが、効果的にダイエットを行うにはどのような方法が良いのでしょうか。

痩せるための条件を簡単に言うと、消費するカロリーが、摂取するカロリーよりも多い場合に痩せるのです。単純な法則なのですが、多くの方々がダイエットに失敗してしまいます。なぜかと言うと、消費するカロリーを増やすよりも、摂取するカロリーを減らそうとする人、つまり食べる量を減らそうとする方々が多いからなのです。

効果的なダイエットのためにには、消費するカロリーを増やすことが、摂取するカロリーを減らすことよりも重要なのです。もちろん、日常摂取するカロリーが多すぎる方が、ダイエットのために食事量を減らすことは必要です。しかし、食事を抜いたりする過剰な摂取カロリーの制限は良くありません。なぜなら、それにより基礎代謝が低下してしまい、リバウンドを起こしやすくなるからなのです。

では、カロリーを効率的に消費するにはどうすれば良いのでしょうか。フィットネスつまり運動をすることが必要です。ただ、運動と言ってもさまざまな種類があり、ダイエットを効果的に行うためには、それらをうまく組み合わせることがポイントとなります。

このサイトでは、ダイエット効果を最適にするためのフィットネスについて、理論的にわかりやすく説明をさせていただきたいと思います。